高気密でカビだらけの汚部屋ワンルームをおそうじ in 大東市

汚部屋化原因の不用品をすべて撤去し、室内のカビ除去作業へ

汚部屋室内のゴミや不用品の回収
トラック満載に不用品を排除して汚部屋をスッキリと

カビをキレイにしていくにも、荷物が立ちふさがっている為、まずは不用品の撤去を行い室内をスッキリさせます。

ソファに、棚などの家具に始まり、日用品等々であっという間にトラック1台分が満タンになります。

一方この分のスペースが室内に生まれる事になるので、格段に快適空間に改善されます。 

ハウスクリーニングの環境も整ったところで、お次はカビとの闘い!

まず最初に一番症状が深刻だったココを攻めましたところ…。

カビが除去されすっかり美しくなった窓周り
カビに覆われていた窓とサッシがこんなに明るく改善

ジャーン♪ 窓やサッシは美しくピカピカになりました。

但ししつこいカビはクロスまで侵食し、大変な状態でしたがなんとかかんとか・・。

ほぼほぼ白い状態に戻す事はできたものの、継ぎ目など一部変色してしまっている箇所も・・・長年のダメージはさすがにどうする事も敵いません。

窓際から広がっていたカビも無事除去
窓を中心に広がっていたカビ・汚れの問題も解決

クロス自体のくたびれ感はどうしようもありませんが、湿気などで剥がれなどは補修しながら進めていきます。

ペロンとめくれてたりすると、そこがまた傷みやすくなっちゃいますから・・・。

直射日光や結露、カビなどによる床の色褪せ
紫外線、結露、カビ…これらを放置した分、床へのダメージが..

・・・。 こんな感じで。

バスルームの汚れを取り去った後
クリーニング効果で明るくなったバスルーム

室内のクリーニング自体は順調だったのですが、今回最もてこずらされたのはバスタブの詰まり。

いろんなモノが詰まっていて、取り除く事にかなり苦労を強いられました。

格闘するコト数時間、ようやく撤去を完了し、クリーニング致します。

片付け、クリーニング後の室内の状況
あとはベランダに一時撤去したモノを戻して全行程が完了

これにてリフレッシュ完了です。

これからも快適にご利用されるには、床に一度ワックスなどで仕上げた方が良いと存じます。

ただそれよりも何よりも

定期的な換気

これだけは気を付けてくださいね。

前回の記事に戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。