ゴミ屋敷とセルフネグレクト 好きか嫌いか言うより片付け

セルフネグレクト?! 汚部屋・ゴミ屋敷と片付けの関連性

ゴミ屋敷の不用品片付け問題
出典:TBS 好きか嫌いか言う時間

昨晩TBSのバラエティー番組 ”好きか嫌いか言う時間” で、ゴミ屋敷の特集がありました。

メインMCが坂上忍さんですから、ストレートな発言が聞けて面白そうと録画していたものを観てみました。

彼自身が超のつく程のキレイ好き、潔癖症ですからどんな反応が観れるのか?

正反対、両極端の立ち位置に居る人というのは、ある意味では近い部分も持っているんじゃないかな??とも思ってしまうのですが、まずは進めて行きます。

1軒目に尋ねたのは、都内あきる野市某所のゴミ屋敷。

住人の久保嶋光嗣さん(61歳男性)がお出迎え。

家の中へ案内してくれますが、正にゴミの山がうず高く積み上げられていて、それをかき分けて進んでいきます。

睡眠はそんな部屋の一角の窪んだスペースで取るそうです。

既に亡くなっていますが、彼の両親が骨董屋さんだあった為、その室内には珍しい骨董品が点在しています。

・・・でもこの環境ではお客さんは来れないですね。

ナゼこんな状態に陥ってしまったのか、その原因について尋ねてみたところ

数年前に骨董品屋であった自宅兼店舗と、ほとんどの商品を失ってしまった

という事、一切の資金を失った久保嶋さんは、生活を続けていく手段として、

かつての取引相手から様々な骨董品を無料で譲り受けたそうです、その他のゴミやガラクタも一緒に引き受ける事で・・

本人曰く、

  • 片付ける意思はある
  • 商品は売り切る自信がある

と断言されていますが、状況が状況。

恐らくトラック10台分くらいの不要品のボリュームはあるでしょう。

そんな中、独力でゴミと商品を選り分ける事が果たして可能でしょうか?

健康的な生活を送る事自体が危ぶまれる環境の中で・・・。

渋谷に竹やぶのボロ屋敷 驚くべき住人の食生活

2つ目の案件は、

前田良久さん(68歳男性)

すっかり有名になってしまったその理由は、その立地にもあります。

大都会東京の、これまた都会。

両親から譲り受けたその家は渋谷区代々木の高級住宅地の一角。

なのに竹やぶ化してボロボロの上、家の中もすっかりゴミ屋敷という状態。

そんな環境下で暮らす前田さんの、ぶっ飛んでいるのはその食生活。

納豆、玉ねぎ、白米

これを1日2回、365日食べているそうなのです。

これにはブラマヨの吉田さん、りゅうちぇるも引いてましたね。

68歳と言えばもう立派な高齢者ですが、元々裕福な家庭で育ち、進学校へ行っていたおぼっちゃま。

それが大学受験で躓き、そこから今までの間ニート生活を送ってきた結果がこれです。

渋谷のゴミ屋敷の住人、前田良久氏
出典:TBS 好きか嫌いか言う時間

両親は他界し、身よりもない孤独な生活です。

  • 死を待つばかり
  • 親父も、お袋も、妹もみんな死んじゃった

彼は言います。

最後に15年前、父親が他界してからというもの、片付けるのが面倒くさくなったという。

この二人に共通するのは、何かを喪失してしまった事。

当ブログでも再三触れてきた、”セルフネグレクト” に陥ってしまっているという事なのです。

今現在、ゴミ屋敷や汚部屋生活と無縁で、「信じられない?!」と思っている方にも、十分に起こり得る現象なので、是非ご覧の上、一度考える機会を持って頂きたいと思います。

また核家族化が進む日本で、高齢の良心の実家がゴミ屋敷化して困っている、遠方でケアしてあげられない、相続したはいいけど空き家状態が続いて心配等々…様々な問題が増えています。

モノの少なかった時代を生きた人ほど、手放す事が苦手です。

まして戸建てや旧家といわれる物件ではその傾向がより強く、弊社でも相当なボリュームの遺品・不用品などの片付け作業を必要とした事例もございます。

決して他人事ではありませんので、参考にしてみてください。

セルフネグレクト続編回の模様は以下よりどうぞ!

コチラも負けず劣らずのゴミ屋敷問題が山積み

本記事の続編となる企画がありましたので、加えておきました。

セルフネグレクト続きの記事を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。