ゴミ屋敷の退去問題 in 八尾市 不要品回収でゴミ減らし

引越しが近いのに… 一人で追いつかないゴミ屋敷の片付けこそプロの出番

八尾市某所のゴミ屋敷化したワンルームの片付け
段ボールと不用品にまみれたリビング

段ボールと不用品にまみれたリビング

「ちょっとモノが多く、掃除もままならないんで、引っ越し出来ずに困ってるんです」

今回は珍しく男性からのSOSコールで始まりました。

お仕事が多忙な事と元々家事全般が苦手と仰る30代男性のNさん、迫りくる引っ越しの日程にも余裕がなく、半ば駆け込み状態でのご相談となりました。

自宅では主にゲームや音楽の趣味に没頭されるので、そこに関連する品々が多く、尋常じゃないボリュームに育っております。
カウントダウン状態に入っている為、初日に直接お会いして詳細を確認後、Nさんはそのまま会社へご出勤。

弊社はカギを預かって片付け作業という流れです。

そうそう…冒頭の部屋の画像、実はこれでも既にある程度のごみを廃棄した後のものなんですよ。

撮影するにも足場を安定させる事も困難な状況でしたので・・。

ワンルームなのでキッチンスペースが同じ空間にありますが、モノやゴミに侵食されており、人の侵入を拒絶するバリケードが出来ています。

ゴミの向こうの五徳(コンロ周辺)のカピカピになった汚れが気になります。

あ~早くキレイにしたい(笑)。

ゴミが積み上がり、調理に立つことすら出来ないキッチン
ゴミが積み上がり、調理に立つことすら出来ないキッチン

リビングが一緒になっているパターン。

もちろんゴミや不要品、そして必要なモノの層も地続きとなります。

生活基盤として辛うじて機能している箇所と、既に破綻してしまっている箇所、ゴミ屋敷や汚部屋には良く見られる光景の一つですね。

大丈夫! キレイに片付くからっ!

境界線が引きにくい分カオス化してしまう八尾市のワンルーム
ワンルームは境界線が引きにくい分カオス化しやすい

びっしりと不要物とモノが積み上げられ、どこもかしこも足の踏み場がなく、かき分けて進むという感じです。

撮影する前の状態では、恐らく何がどうなっているのか画像で伝えられない程、ゴミとモノだらけであった為、間引く必要すらあった程なのです。

八尾市のまともに歩行すら出来ないワンルームの不用品回収と片付け作業の工程
まともに歩行すら出来ない床

この空間の中で、お仕事から帰ってきた疲れた体を休める充分なスペースはあるとは言えませんね。

ところによっては天井近くまでつみあげられている箇所もあって、突然崩れてくるリスクもあり、問題の根深さを感じずにはいられません。

床と天井の差が数10センチに迫る八尾市のゴミ屋敷
天井の方が近いところも

以前にもございましたが、日数が非常に限られた中、取り置くモノは極力少なく絞る事で改善の糸口がつかめます。

引っ越した先でよりシンプルな暮らし、今よりもずっと生活しやすい空間を取り入れたスペースを手に入れると、その変化は実感に変わります。

ほとんどが廃棄に回せるケースでは、作業効率はウンと上がり、そんな未来の予定も描けるのです。

しかしながら今回は期限が迫った”駆け込み”でした。

特に春の引っ越しシーズンには非常に多いパターンとして見られます。

また「これは捨てないでリスト」が非常に多かった為、その発見・分別に多くの労力を割く必要が生じ、難易度の究極に高いミッションにしていました。

例えミッションをクリアーする事が出来たとしても、引っ越し先の部屋のスペース、モノの多さ、レイアウトなど、次の暮らしの質についての心配です。

ただしこれはNさんからの要望がないと、踏み込めない領域…もどかしい問題ですね。

続きの記事に進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。